スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊症の鍼、整体治療

 結婚した夫婦の1割が不妊症に悩まされていると言われています。少子化社会の深刻な問題もそうですが、家族の円満、幸福な生活にも影響します。医学的には不妊の治療研究がかなり進んでいるとは言え、原因不明、あるいは原因が分かっていても成すべし方法がないケースが多く見受けられるのが現実です。それはなぜでしょう?
 私の患者さんにイチゴ栽培しているおばあちゃんがいます。毎年イチゴ収穫の時期にお土産に頂くイチゴはなんとミカンよりも大きく、スーパーでは見ることがほとんどない程のものなのでびっくりしています。しかしおばあちゃんは「あまり商売にならないですよ」と嘆き、「畑にすごくお金をかけています!」と加えました。
 思えば、前にも沖縄のマンゴ一つ2万円すると騒いだ時期がありました。現地のマンゴ栽培の農家は、「畑に年間何千万もかけていますよ」と弁解していました。
 おそらくイチゴ、マンゴに限らず、良い農作物を作る為に、農家の方々は間違いなく先ず土壌作りに力を注いでいます。
 この理論は医学の世界にも通じます。不妊治療はいろいろな器具を使って人為的に受精させ、着床させようと考え、試みるだけでは、成功が少ないです。その前にもっと重要な仕事があります。それはお腹作りです。
 硬くて、冷えているお腹はまるで不毛の土壌の如き、立派な帝王を授け、生むことが難しいです!
 柔らかく、温かいお腹は肥える土壌の如き、健康で、聡明な子供を授け、生むことが可能になります!
                                          続く
 
 





 
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

張 玉明

Author:張 玉明
元上海中医薬大学

国際鍼灸研修センター教師

1988年来日

東京国際鍼灸専門学校卒"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。