スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷え性の鍼灸治療

 冷え性を引き起こす原因として挙げられるのが、虚弱体質、自律神経失調症と精神的ストレスです。症状は様々ありますが、体、特に下半身が冷えやすいほか、便秘か下痢、生理痛、生理不順など内臓の調子が悪く、眩暈、頭痛、不眠症も時々見られます。体の冷えによって、内臓機能、免疫力低下と血行不良が起きてしまうことがすべての症状の原点と考えられます。
 冷え性の治療に関しては、特に特効薬がある訳ではありませんが、体温を上昇させるのには、保温と運動が大切です。当院で治療として皆様に勧めているのが、温灸治療、リンパマッサージと鍼治療です。当院独自に開発した温心灸(温灸箱灸)は腎臓を温めることを目的としています。東洋医学では、腎臓は気(内臓の機能)水(全身の水分)を管理する最も大事な内臓と考えているからです。リンパマッサージは全身の水分(血液を含む)の還流促進をはたします。鍼治療は、現有の自覚症状を改善、除去しょうとする対症治療です。此れらの総合治療を通じ、冷え性を退治することが、当院の特色のひとつでもあります。詳しくはお問い合わせください!
上野鍼灸院ー永康
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

張 玉明

Author:張 玉明
元上海中医薬大学

国際鍼灸研修センター教師

1988年来日

東京国際鍼灸専門学校卒"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。