スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片麻痺の鍼治療

 片麻痺は脳梗塞後遺症の一つで、半身不随とも呼びます。片側の手足が自由に動けないから日常生活は大変不便になり、家族の負担にもなります。事故や怪我などの場合にも手足の麻痺が見られますが、末梢神経の障害に限れば症状が軽く、回復は望まれますが、片麻痺の場合は最初から脳神経、つまり中枢神経が障害された為症状が重く改善回復が困難となることがあります。しかしそのままほっといていくと、筋肉の萎縮による筋力の低下に加え、手足の冷えとむくみが血液循環を更に悪くしかねません。そして全身の状況も次第に弱まっていきます。
 片麻痺の治療に欠かせないのがリハビリ、つまり体の機能訓練ですが、東洋医学の見地からいえば、もう一つ大切な手段は鍼灸治療です。麻痺した神経への直接な物理的鍼刺激は神経の復活に働き、機能の改善を助長し、リハビリの効果を高められると医学的研究により判明したのです。
 当院は主に三鍼法治療を通じ、患者さんの麻痺した手足の状態に応じ運動神経を刺激し、そして温灸治療して関節の運動療法を行います。
 片麻痺にリハとハリの両輪を同時に駆動すれば、効果が一段と明らかに現れますので、お勧めします。
 詳しいご相談はお問い合わせ下さい。
 上野鍼灸院ー永康
  
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

張 玉明

Author:張 玉明
元上海中医薬大学

国際鍼灸研修センター教師

1988年来日

東京国際鍼灸専門学校卒"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。