スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頸椎症の鍼治療

 首が痛い、首が回らない、手が痺れるのは、頸椎症の主な症状です。頸部筋肉の硬直、頸椎の変形と頸椎間板の損傷などがそういった症状を起こす原因となっています。長時間同じ姿勢で事務、作業をされる方は、どうしても首肩が凝りやすく、長年続くと筋肉が硬直し、頸椎が段々変形してしまいます。一方不慮の事故、例えば交通事故、転落などの衝撃により、頸椎と頸椎間板が損傷を受けた場合は、後遺症として首が痛い以外に、頭痛、眩暈、吐き気、手のしびれなども伴うことがあります。最も心配なのは、以上の諸症状が慢性的に進行しているうちに脳に繋がる椎骨動脈の血行が悪くなり、脳の血液循環に影響してしまうことです。従いまして病院で頸椎症と明確に診断されたら、真剣に治療を受けることが大事です。
 当院では、軽症の方には首周辺の筋肉を十分に解し、ソフトに頸椎の矯正ををします。神経の圧迫が強い重症の方には鍼灸治療をします。神経根に鍼を打ち、灸頭鍼又は温灸箱で患部を温め、症状によっては電気鍼を使って症状の改善を図ります。大凡の方は治療を受け好転となり、症状も安定してきます。
 詳しいご相談はお問い合わせ下さい。
 上野鍼灸院ー永康
スポンサーサイト
プロフィール

張 玉明

Author:張 玉明
元上海中医薬大学

国際鍼灸研修センター教師

1988年来日

東京国際鍼灸専門学校卒"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。