スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体術の意義と方法①

 整体術はかなり普及され、健康の文化として定着されていると言っても過言ではありません。但し、医学として評価できるかどうかは国によって,また施術者の資格によって分かれています。
 というのも、そもそも整体術は病気の治療を目的としているのではなく、体のバランス調整、つまり簡単に言えば背骨、骨盤の歪み、筋緊張の不均整などを正すことを目的にしているのです。そのバランス調整を整体のみならず、広く按摩指圧、マッサージ、カイロなども整体の範疇に入れるものと思われます。
 整体の本当の意義は、バランス調整の結果です。調整によって健康体を作り、病気体を改善するこそ施術者と被施術者の共通の希望です。整体によって、体が軽快になり、体力が増してきた。整体によって、体調が良くなり、健康上の悩みが解消されるようになったということが施術の究極の目的です。
 整体にはいろいろな流派がありますが、中国式整体をお勧めです。現代医学の解剖の構造以外に、伝統医学の経絡を重視しているからです。経絡は体表と体内の交通網であり、経絡上にある経穴はその交通網に点在する重要なポイントです。経絡には全身全ての臓器、組織が関連し、経穴にはこういった臓器、組織の状態が反映しています。
 整体方法の要点は、①大切な4部位:a脊柱、垂直にし、捻れがなく、可動域が正常。b骨盤、水平にし、捻れがなく、可動域が正常。c肩関節、捻れなく、可動域が正常。d股関節、捻れがなく、可動域が正常。②方向性:a脊柱、正中部を下から上へ、脇部を上から下へ調整します。b骨盤、後ろから前へ調整します。③肩関節(上肢)、外側を下から上へ、内側を上から下へ調整します。④股関節(下肢)、外側を上から下へ、内側を下から上へ調整します。
                                      (続く)
スポンサーサイト
プロフィール

張 玉明

Author:張 玉明
元上海中医薬大学

国際鍼灸研修センター教師

1988年来日

東京国際鍼灸専門学校卒"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。